デイサービス 仕事 看護師

ムンテラ中、ショックで倒れてしまった家族。余命宣告されたらショックは計り知れないですね。

看護師は、患者さんのケアをする事だけが仕事ではないんですよ。
患者さんを支えている家族のケアも、とても大切な仕事の一つなんです。(#^_^#)
家族というのは、患者さんにとってはとても大切な存在ですよね。
家族にお見舞いに来てもらうのは、何よりも嬉しい事です。
入院生活というのは、本当に孤独で不安が大きいんですが、家族が来てくれる事で、頑張って治療しよう、
という意欲をもたらしてくれるんですよね
そのような家族を支えるのは、看護師のとても大切な仕事の一つなんですよ。

 

先日こんな事があったんです。
まだ30代の若さで、肺がんにかかって入院している患者さんがいるんですが、脳に転移してしまい、
転移性脳腫瘍で余命半年と診断されてしまったんです。
そのムンテラの時に、患者さんの奥様が倒れてしまったんです。
奥様は、患者さんに一日でも早く良くなって貰いたいと思い、毎日献身的に患者さんに付き添っていたんですよ。
まだ小さな子供がいて大変だというのに、とても良く頑張っていたんです。
でも、そのような献身的な看護も虚しく、余命宣告をされてしまったんです。
あまりにも残酷な事で、自分の中で受け止める事ができなかったんだと思うんですよね。
私は、もし自分がこの奥様の立場だったら、と思ってしまったんです。
とても耐えられませんよね。(>_<)
小さい子供がいて、まだまだこれからの人生だというのに、一家の大黒柱である旦那様が余命宣告をされてしまうなんて、
そのショックは計り知れませんよね。
患者さんだって、治る見込みがない事を知ったら、何を支えにしたらいいのかわからないと思います。
看護師は、患者さんと家族の心のケアをして、患者さんの家族の支えとなる事が大切だと、
その時につくづく思いましたね。(^ー^)